ホーム > 講師によるお役立ち情報 > 確定拠出年金が登場した理由 (1)

コラム

確定拠出年金が登場した理由 (1)

なぜ、日本において401kプラン(確定拠出年金)が導入されたのでしょうか。

 
【確定拠出年金制度はアメリカの制度が見本】

 

もともと、確定拠出年金は、米国の制度を手本に日本に取り入れられてたものです。
そもそも、基の手本とされた米国の401kプランとはどのような年金制度でしょうか?

【アメリカの年金制度】

 

米国の年金制度も日本と同じく、国や地方自治体が運営する公的年金と私的年金で構成されています。
私的年金は、企業が運営する企業年金や個人が自分の意志で加入する個人年金があります。
 
一般に米国民の公的年金といわれている社会保障制度は連邦政府が運営し、その財源は社会保障税で賄われています。
しかし、日本を含めた先進国各国同様、急速な高齢化により積立金が将来減少し、年金財政が危ぶまれています。

給付水準も低く、現在の支給金額は月額で約780ドルほど、1ドル110円として日本円に換算すると、85,800円という金額です。

もともと医療保険すら皆保険が実現していない(まさに、オバマ大統領政権の目玉政策です)アメリカにおいては、公的年金だけでは生活できないという意識が浸透しており、公的年金の不足分を補うために私的年金、中でも企業年金に頼る割合が大きくなっています。

このような背景により、日本の制度より多様な私的年金制度が整備されています。
(日本では厚生年金基金や適格退職年金、中小企業退職金共済制度等がありますが、あくまでも公的年金の補てん的性格のものとなっています。)

しかし、日本でも急速な少子高齢化により、年金財政が脅かされています。
そこで、アメリカを手本とした税制優遇の「確定拠出年金(日本版401K)が導入されたのです。

次回も、確定拠出年金の導入の背景について、社会経済を背景に紹介したいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asset-seminar.com/mt/mt-tb.cgi/62