ホーム > 講師によるお役立ち情報 > 確定拠出年金 ~転職後はどうする?~

コラム

確定拠出年金 ~転職後はどうする?~

確定拠出年金に関する相談も承っていますが、一番多い質問が、「今の会社で確定拠出年金に加入しているが、転職を控え、資産をどうすればよいか分からない」というものです。
特に、ご結婚を理由に退職される女性からの質問が多くなっています。

確定拠出年金のメリットとして、転職の際などに「年金資産を持ち運ぶことができること(ポータビリティ)」があります。

原則として、確定拠出年金は、60歳まで資産を引き出すことは法律上できません。

そこで問題になるのが、60歳になる前に「確定拠出年金企業型」の実施企業を退職した場合ですが、再就職先の企業に確定拠出年金企業型があれば、そこに資産を移換でき、新しい会社でそのまま継続することができます。

では、無い場合はどうすればよいのでしょうか?

ない場合には、その資産を「確定拠出年金個人型」制度に移すことができます(移換という)。

これは、自分で運営管理機関(金融機関になる。)を選び、その後運用の指図をしていかなければなりません。

そのまま拠出し続けるのか、もしくは拠出はせずに「運用指図者」として資産運用に携わることとなります。

運用指図者となった場合、問題となるのが「口座管理料」です。

一般に、年間4000円~5,000円かかってしまいます。

若い方で60歳までかなりの年数がある方は、場合によっては口座管理料のみで資産を削れられてしまうこともあり、放置しておくのみでは無駄な手数料だけかかってしまい、注意が必要です。
加入していた年数によっては脱退一時金を受け取れることもあるので、まず退職に当たっては、今後の資産の預け先を検討すること(若しくは一時金を受け取ってしまうこと)が大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asset-seminar.com/mt/mt-tb.cgi/65